2009年12月09日

以心伝心

【以心伝心】


冬のバラードといえばこの曲!!


カラオケで歌ってやー!!

初の3拍子にみんな苦労してますね。笑

ベースは意外とのびのび弾いてますが。

みんながんばれ!


編集して聴きやすくなったので、

編集前の音源持ってる人はぜひ聴き比べてみてみて!!


Lyric by ハトムネ

Music by キジ





風に吹かれ この道

行き着く先 何がある?

闇に抱かれ この身に

堪える場所は 何処にある?




降りだしたこの雪は

しだいに解けて こころを濡らす

振りかえり残るのは

さっきまでの 君のぬくもり




本当は わかってたんだ

何が 大切なものかって

ただ 気づかず生きてきたんだ

それが やっといま




降りしきる この雪に

まだ心は 

凍えていないかな 

あの時のままから


そう、遥か遠くへと

伝えたいこと届きますように




posted by The White Birds at 11:18| 東京 ☁| Comment(34) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月07日

Song of The Flog

Music : ドイツ民謡
Arranged by The White Birds


The White Birds流の“カエルの歌”



posted by The White Birds at 10:42| 東京 ☀| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月05日

高田馬場 part.1

【高田馬場 part.1】

Lyric by チキンtheチキン

Music by キジ




高田馬場で俺は生まれた

昨日は死んでたのに

俺はおじさんに負けたくないんだ

汚いこの町だけど

ラーメンも大好きなんだ

だって あの日言ってたじゃないか

君の思い出を


一千万円 今日借りた

学生ローンに 君も行ったのか


“高田馬場” 俺は食べてない

“高田馬場” だから払わない

“高田馬場” 無銭飲食じゃないけど

“高田馬場” 警察だけには連れていかないで

“高田馬場”


父ちゃん、ごめん

母ちゃん、ごめん


だけどさあ



なんでだ

俺は生きている

今日も ロータリーは

人でいっぱい

いい朝だ

今日も元気に

学校に行こう


みんな また会おう

また来週

posted by The White Birds at 23:16| 東京 ☁| Comment(4) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月04日

作業中

【キジ】

昔録ったWBの音源を編集中。



091204_020350.jpg






ちょいと難しげに見えて、やっとることは意外とシンプル!!





てか、音めっちゃ良くなるなぁ。
posted by The White Birds at 02:17| 東京 🌁| Comment(6) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月03日

ことば 第一話



「おれ、バンドやりたいんです。」




彼のその言葉からすべてが始まった。






タイミングをわきまえない彼の発言は常に新鮮で斬新で、


時として皆、言葉を失った。








〜つづく〜
posted by The White Birds at 02:32| 東京 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月04日

お手紙

【キジ】

初恋の人からnobuさんへお手紙が届きました。

--------------------------------------------------------------------------------

nobu、元気にしてる?
今でもカブトムシを育てていますか?なぜか幼虫からメスしか育たない残念なnobuをなつかしく思います。

穏やかなnobuに私が「引っ張っていってくれないから乗り換える」と宣言してお別れすることになったあの日から、もう8年が経ったのですね。月日が流れるのは早いものです。

お手紙を書いたのは、何か伝えたいことがあるとか用事があるとかではないんです。ただなんとなく学校の前を通ったらなつかしくなって、思いつくままに書いてみようと思い立っただけなんです。ふふ。

今あのころの付き合いをあらためて考えてみると、なんだか、私が空回りしていたのかなぁと思って恥ずかしくなります。nobuは、なんだかんだと文句ばかり言う私に「そのツンツンしたところがかわいいんだよな」なんて理解を示してくれたけれど(何様だとも思ったけれど)、私はずっと子供のままでしたね。あのころからすでにnobuはおじいさんのように穏やかでした。

確かあのとき、私にとっては5人目の彼氏かなにかで、nobuにとっては初恋だったんですよね。最初のころのnobuはやけに馴れ馴れしくて、初デートからいきなりキスしようとしていましたよね。「付き合えばキスしていいんじゃないの?」って(笑)。

私たちが付き合い始めたころ、nobuは「こんな気持ちになることはもう一生ない。ずっと一緒にいてくれ」と言ってくれましたよね。「それはちょっと・・・」と思ったりもしましたが、嬉しかったです。そういう口だけなところもnobuらしかったですね。

総括するなら、nobuと付き合えたことは、とても感謝しています。特にnobuとの恋愛から学べた重要なことは、あまり人に期待しすぎてはいけないということでした。一人で生きられるようになることの大事さを教えてもらえたと思っています。ありがとう。

いろいろ書きましたが、私はnobuのことがそれでも好きでした。これからもnobuらしくいられるよう、そして当時のように森進一の顔マネをみんなに披露しながら(笑)、幸せをふりまいてください。

またいつか会いましょう。では。

P.S. nobuが貸してくれた秘孔の本(北斗の…)、もう売っていいですか?



http://letter.hanihoh.com/
posted by The White Birds at 00:21| 東京 🌁| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月14日

素朴な疑問

【キジ】

素朴な疑問。CD何枚売れたんだろ?

まあ俺たちは売れても売れなくても構わないんだが、気になるのはカトゥーンより売れたかどうかと、Mステで何喋ろうかってことだけだ。
posted by The White Birds at 14:34| 東京 🌁| Comment(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月11日

先行配信!

新曲、以心伝心(インストゥルメンタルver.)を先行配信いたします!

posted by The White Birds at 23:59| 東京 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

初期衝動

1st Album

『初期衝動』

2009年2月11日(水)DROP



 1.高田馬場

Lyric by チキンtheチキン

Music by キジ


 2.Out of The Window

Lyric by The White Birds

Music by The White Birds



3.The White Birdsのテーマ

Lyric by The White Birds

Music by The White Birds



4.Song of The Flog

Music by ドイツ民謡

Arranged by The White Birds


 5.以心伝心

Lyric by ハトムネ

Music by キジ
posted by The White Birds at 23:55| 東京 ☀| Comment(0) | Discography | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

★★緊急重大告知★★

どうも、The White BirdsマネージャーのT山本です。

ここで重大告知があります!!

The White Birdsレコーディングは順調に進んでおり、現在鋭意最終調整中です。

初アルバムドロップは2月11日(祝)!!!

タイトルは『初期衝動』!!!


今回のアルバムは完全限定生産になります。

気になるプライスは…






フリー!!





ここで希望者を募集し、現代IT社会に反逆すべく、『完全手渡し』を実施したいと思います。


ぜひぜひぜひぜひコメントをください!!

お待ちしております♪
posted by The White Birds at 22:36| 東京 ☀| Comment(11) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。